プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

走りやマネージャーこと、ゆうき家の館野でございます。

モータースポーツが大好きで、自身もバイクレースに参戦したりしています。

以前はアクアリストとして、金魚やドジョウからディスカスなどの熱帯魚、クイーンエンゼルなどの海水魚まで飼育していました。

ですから魚体を見ればその魚が健康な状態か否か良くわかります。

また、最近は子供とダボハゼ釣りぐらいしかしませんが、昔は「釣りキチ」と呼ばれるほどジャンルを問わず釣りをしていました。

ですから築地のベテランとも行き始めからお話が出来ましたし、魚を知っているからとても助かりました。

趣味が築地の目利きにこんなに役立つとは思っていませんでした。

ですから美味しいくて健康な魚の見分け方ならまかせてください。



毎日、美味しい魚介類や酒の肴、美味しい地酒をはじめとする様々なお酒を取り揃えてお客様との出逢いをとても楽しみにお待ち申し上げております。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« カミカゼ右京 続編 | メイン | ゆうき家の本マグロ »

2010年6月19日 (土)

カミカゼ右京 続編2

こんにちは!

走り屋マネージャーです。

前回も書きましたが、今年の梅雨は陽気な梅雨ですね!

本当に「雨季」ですね。
今日も晴れるなんて思ってもいませんでした。

今晩は雨でしょうか?
サッカーの日本戦があるので応援したいですが、営業が心配です。

お客様は来るのだろうか?????

ところで、本格麦焼酎右京のお話ですが、恵まれない孤児達を支援したいと立ち上がった山田百合子社長は、モータースポーツとの付き合いが深く、故 アイルトン・セナやレース関係者に太いパイプを持つことから、モータースポーツを通じて子供達にやる気と勇気を与えようと頑張っています。


セナの故郷、ブラジルへの海外ホームステイではセナの家を訪問したり、現在F1で走っているブルーノ・セナ(セナの甥)との対談などがあったと聞きます。

日本では富士などのサーキット体験やカート試乗などのイベントを精力的に行い、青山の母として子供達に夢を与えています。

片山右京さんとは、彼のライフワークである慈善事業とモータースポーツがこのプロジェクトにドンピシャだった事から始まったそうです。

彼自身、イベントに参加して子供達と触れ合うごとに、この活動の大切さや大切さを身を持って感じてくれているようです。


ところが活動には資金が必要です。


賛同する企業だけをあてにする訳にも行かず、かなりの持ち出しになってしまっていたようです。

そこで、山田百合子社長の故郷、鹿児島の特産物であり世界にも誇れるモノとして焼酎と夢の架け橋のイベントに参加していただいていた彼の思いとがコラボレーションする事によって「右京」を冠した世界に誇れる志しを持った焼酎を醸す事が決まりました。


第一弾の芋焼酎右京は、クリエイターの面目躍如で素晴らしいデザインや味へのこだわりから「贈答用」的なモノになってしまいました。


しかし、第二段は本格麦焼酎として素晴らしい香りと柔らかな味わい、日頃から楽しめるプライスがうれしい設定で誕生しました。


私も発表パーティーでたくさん試飲させていただきましたが、いろんな料理を引き立てる円熟味は「正に職人レーサー片山右京の酒」そのものと言った印象を受けました。


本格麦焼酎右京の売上の一部は、夢の架け橋プロジェクトの運動資金に当てられるそうです。

こんな美味しいお酒を飲んで「子供達の未来への夢」のお手伝いが出来るのですから酒飲みには二重の楽しみですね!


因みに、このプロジェクトを始めてから、しっかりとした目標を持って頑張る子供達が増え、各方面へ就職出来る様になり、ファッションモデルまで誕生したそうです。

彼らの活躍が、更に孤児達の励みになって行く事でしょう。

本格麦焼酎、右京 ロック、水割り、お湯割りともにグラスで520円

600mlのデキャンタで2480円です。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/566695/28450107

カミカゼ右京 続編2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ゆうき家 新橋駅日比谷口店 のサービス一覧

ゆうき家 新橋駅日比谷口店
  • TEL050-3477-5476