プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

走りやマネージャーこと、ゆうき家の館野でございます。

モータースポーツが大好きで、自身もバイクレースに参戦したりしています。

以前はアクアリストとして、金魚やドジョウからディスカスなどの熱帯魚、クイーンエンゼルなどの海水魚まで飼育していました。

ですから魚体を見ればその魚が健康な状態か否か良くわかります。

また、最近は子供とダボハゼ釣りぐらいしかしませんが、昔は「釣りキチ」と呼ばれるほどジャンルを問わず釣りをしていました。

ですから築地のベテランとも行き始めからお話が出来ましたし、魚を知っているからとても助かりました。

趣味が築地の目利きにこんなに役立つとは思っていませんでした。

ですから美味しいくて健康な魚の見分け方ならまかせてください。



毎日、美味しい魚介類や酒の肴、美味しい地酒をはじめとする様々なお酒を取り揃えてお客様との出逢いをとても楽しみにお待ち申し上げております。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 紬の里、結城の若い蔵人夫婦 | メイン | ゆうき家ランチ 始めました! »

2011年11月10日 (木)

テイストオブ筑波

こんにちは!

走り屋マネージャーです!happy01


今回は、先週の日曜日に行って来たレースのお話です。

週間天気が見事に当たって、午前中は曇りだったのですが本戦は見事に雨。

見てる方も大変でしたがやってる方はもっと大変だったでしょう。


今回のレースはテイストオブ筑波と言って、旧車や鉄フレーム(最新のバイクはアルミ製のフレームです)バイク達の大運動会の様なレースです。

ショップさんやマニアのおとうさん達がそれこそ精魂込めて造ったマシンの数々は見ているだけでも楽しいものです。
フルカスタムに数百万円ぐらい改造費をかけたマシンとかざらなんですよsign03


それなのに生憎の雨。
手塩にかけたピカピカのマシンを濡らすのにも抵抗があったオーナーさんも多かった筈です。
滑って転んだりしたら大変ですからね!bearing


そんなオトナのホビー的なレースですが、最高峰レースになると速さに対する情熱は半端ではありません。

私が応援している松田選手はこの大会ではとても人気のある選手なのですが、20年以上も前のマシンをコツコツとチューニングして最新マシン以上の走りをして見せるのですから凄いです。

決勝レースでは、雨の中スタートで見事なホールショットを決めた松田選手が飛び出したものの、2周目に全日本選手権現役ライダーにかわされ2位となりました。

その後は降り止まぬ雨の中、激走を続け3位以下を大きく離して行きます。


そのまま2位表彰台は確実と思った最終ラップ!第一ヘアピンカーブでまさかのエンジンストップ・・・

そのままエンジンは息を吹き返す事無く、コースサイドにマシンを止めリタイヤとなってしまいました。

最後の半周。
ゴールまでものの数十秒というところです・・・
原因は雨が電装系に入り込みトラブルを引き起こしたようです。

本当に残念な結果となってしまいました。
レースはチェッカーを受けるまで本当に何があるかわからないものですね。bearing


終わりがわからないと言えば、お店では「下駄を履くまでわからない」という言い方をする時があります。

レースのチェッカーと同じで、仕事を終えて帰る時を意味するのですが、お店が暇でヒマでしょうがない日の後半にいきなりお客様が入って来て助かった時などの様子をさして言うんですよ。

しかし皆さん!とても心臓に悪いので「下駄を履く前」ではなく、営業開始になったら来てくださいねsign03

本当にお願いしますhappy02

今日のおすすめは、活〆カワハギの刺身990円です。

イカはあおりいか刺身が780円、気仙沼の戻りカツオ刺身780円なども人気です。

そうそう、石川県氷見の活なまこ酢も今日から入りました。
もうそんな季節なんですね。

あと少しで、能登産や北海道のブリも入荷します。


美味しい魚介類はゆうき家でお召し上がりください。happy01


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/566695/28450397

テイストオブ筑波を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ゆうき家 新橋駅日比谷口店 のサービス一覧

ゆうき家 新橋駅日比谷口店