プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

走りやマネージャーこと、ゆうき家の館野でございます。

モータースポーツが大好きで、自身もバイクレースに参戦したりしています。

以前はアクアリストとして、金魚やドジョウからディスカスなどの熱帯魚、クイーンエンゼルなどの海水魚まで飼育していました。

ですから魚体を見ればその魚が健康な状態か否か良くわかります。

また、最近は子供とダボハゼ釣りぐらいしかしませんが、昔は「釣りキチ」と呼ばれるほどジャンルを問わず釣りをしていました。

ですから築地のベテランとも行き始めからお話が出来ましたし、魚を知っているからとても助かりました。

趣味が築地の目利きにこんなに役立つとは思っていませんでした。

ですから美味しいくて健康な魚の見分け方ならまかせてください。



毎日、美味しい魚介類や酒の肴、美味しい地酒をはじめとする様々なお酒を取り揃えてお客様との出逢いをとても楽しみにお待ち申し上げております。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月26日 (月)

初冬の嵐!

こんばんは!

走り屋マネージャーです!!

今日も寒かったですね。

今日の天気予報では、南風が吹き込み18℃ぐらいまで上がるという事でしたが見事にハズレてガッカリです。

しかも凄い雨も降ってさんざんでした。

ところで天気って面白いですよね!

子供の頃から気象には興味があって、小学生の時は良く屋根に登って空を眺めていたものです。

だから、最近では気象衛星や雨雲レーダーなどの映像がパソコンで簡単に見られるのでとても楽しいです。

今日も1000kmを越える非常に活発な前線が日本列島を縦断しましたから。

凄い雨雲が迫って来るとドキドキワクワクする私は変でしょうか!?(笑)

バイクの旅も気象現象をダイレクトに感じられるところも好きなんだなぁ~って思います。

暑さ、寒さはもちろん、雨が降ったり止んだり、霧が出ればその中をバイクと共に走り抜けて行く。

そんな変化を厚着をしたり合羽を着たりでしのいで行く訳ですけど、更にその土地々の匂いなんていうものがあるから、クルマの旅と比べると本当に自然と一体感があるんです。

しかし、寒くなって来て困る事と言うと、皆さんは通勤の寒さをあげると思いますが、私の様なバイク馬鹿な男からすると、寒くなってタイヤのグリップが落ちる事の方が辛いです。

ご存じの様にタイヤのゴムのグリップによってバイクもクルマも走る訳ですが、バイクの場合バイクを寝かしてカーブを曲がらなければならないのでクルマ以上にグリップ低下が命取りなんです。

特に走りはじめはタイヤが冷えているので危険です。

それに減ってきたタイヤはゴムが薄くなり、たわむ部分が少ないので温まりにくく極端にグリップしなくなります。

そのうち凍結路面なんてトラップが出来始めますから更に注意が必要なんですけど、どんなに寒くても雨が降っても、電車通勤よりバイク通勤を選んじゃいます。

そんな私が今日も築地へバイクで行って買って来たおすすめの食材。

今週から、天然のブリの刺身が登場しました。

今年は青森から大分まで、ブリの状態は良いようです。

本日入荷のブリは、島根県産の10kg台のブリでしっかりと脂の乗った美味しい物です。

カワハギも絶好調で肝もタップリ!大人気です!!

能登産のナマコも絶妙の歯ごたえで、食べた事のない方こそ食べて頂きたい逸品です。

どうしても喰わず嫌いになりそうなルックスですが、食べるとハマること確実?です!

そして、引き続き北海道釧路市仙鳳趾昆布森のカキがおすすめです。

感謝を込めてサンキュ価格の1個390円は本当にお値打ちですよ!

綺麗な海の味わいが最高に美味しいです。

ところで忘年会はお決まりでしょうか?

週末はご予約で一杯になった日もありますが、まだまだ余裕の日もありますので、美味しい魚介類や手作り料理が食べたいと思ったらお電話ください!

お待ち申し上げております。

少人数でも大歓迎です!

2012年11月 7日 (水)

活〆刺身の価値

こんにちは!

走り屋マネージャーですsign03happy01

今日は、ゆうき家がこだわる活〆刺身のお話。

通常の鮮魚とは、漁港で水揚げされた魚を氷詰めにして〆て、氷と一緒に箱詰めされた物を指します。

大量に処理され安価に入手出来ますが、市場で入手出来る頃には死後最低でも1~2日は経ってしまううえに、体内に血が回った状態で窒息死する為にどうしても身が緩くなり生臭さが出てしまうのです。

特にカワハギの様に肝まで食べる場合は致命的です。

そこで、獲れたてのおいしさを再現出来ないものだろうかと考案された調理法が「活〆」でそれはなんと獲れたて以上に美味しくしてしまう料理人の知恵だったんです。

獲った魚を殺さないように生簀に移し、選別して生簀トラックで市場に運び、生きたまま仲買のお店に運んで売るわけですから高価になってしまうのはお分かりになると思います。

そして、買ったお魚を活〆してもらうわけですが、魚が暴れまわると血が回り身焼けを起すので静かにまな板に載せ頭の後ろに包丁を一気に入れます。

そして尻尾の部分も中骨に達するまで包丁を入れ、血抜きをします。

次に頭の方から脊椎にピアノ線を通して神経を潰す事によりその後の死後硬直を遅れさせる事が出来るのです。

店に戻ってからは、その魚を3枚におろし、身をキッチンペーパー包んで冷蔵庫で冷やし、余分な水分を抜いて身を熟成させます。

そうすることで、プリプリとした歯ごたえと絶妙な甘味を感じる事の出来る、上質なお刺身が出来上がります。

この調理法のおかげで、お刺身は生臭いから苦手だったという人でも美味しく頂けるお刺身に生まれ変わるんですから凄い知恵だと思いませんか?

当然、流通から魚の扱いまで注意とコストかかりますから、安売り店の様なお刺身価格には出来ませんが、数倍の仕入れ値を考えるとかなりお得なお値段でお出ししております。

中でもこの時期から旬が始まる「活〆のカワハギ」はこの活〆効果が最もわかり易い魚だと思います。

Image

プリプリとした美しい身と甘味のあるとろける肝は活〆刺身の真骨頂です。

小さな魚で頭も大きいので原価が高い割に量が少なく見えてしまうのが難点ですが、是非、召し上がってください。

990円ですが実はコストパフォーマンスは高いんですよ!

Img_7973

2012年11月 2日 (金)

築地の隠れライダー




こんにちは!

走り屋マネージャーです!!happy02

今日のお話は築地のバイク乗りのお話。

以前も築地の駐輪場で知り合ったヤマハのビラーゴと言うカッコイイアメリカンタイプのバイクに乗る方と知り合いになった事がありました。

そのバイクのオーナーさんは麻布の河豚割烹のさくら田のマスターの桜田さんで、築地でお会いする度によくバイク談義をしたものです。

桜田さん、凄い方なんですよ!

あの漫画美味しんぼの単行本の裏表紙の河豚刺しを造った方だったんですsign03

そして新橋店でやっているスッポン鍋はなんとsign01

桜田さんに教えて頂いた「麻布さくら田」仕込みなんです。

本格的なんですよsign01美味しいわけですheart04

話をバイクに戻しますが、最近の築地での出会いはKTMを停めて削り節を買いに行ったら、お兄さんに声をかけられたんです。

その方はKTMのデューク690と言う同じメーカー製のバイクに乗っている方だったんです。

伊達巻屋さんのその彼は、そのほかにもスズキのGSX-R1000や隼と言う300km/hも出るスーパースポーツまで持ってる方でした。

そして驚いたのは、いつも買っている天然本マグロでお世話になっているマグロ屋さんの方もバイク乗りだった事です。

最近寒かったのでライディング用のジャケット着て行ったら声をかけられました。

そのマグロ屋さんの方はハーレーが似合いそうな雰囲気なんですが、なんと!ドカッティのディアベルAMGと言う凄いバイクに乗っていたんです。happy02

01_2

人は見かけによらぬ者なんて言うと失礼ですが、意外な展開とバイクの車種に驚きでした。

このバイクは今までのドカッティから考えられないようなニューコンセプトなバイクで、スポーツバイク用のエンジンをスポーツドラッグマシンの様な車体に積んだ意欲作なんです。

しかもベンツのチューニングで有名なAMGバージョンと言うダブルネーム。

しかも、車歴はやっぱりハーレーダビッドソンをはじめ、BMWなど乗っていたそうです。

いや~っ、カッコイイオヤジ(失礼!)ですheart04

築地は男っぽい男達が多いですから、若い時やんちゃだったからバイクは大好きなんていう人とかも多そうだし、もっともっとバイク乗りの輪を広げて行きたいと思います。

季節は変わり、11月に入りました。

随分寒くなってバイクシーズン終了なんて人もいますが、私はまだまだ走りますよ!

そうです。寒くなって美味しくなるものがたくさん出て来ました。

まず、美味しい昆布森の牡蠣や白子、あん肝、カワハギの肝だってパンパンになってます。

これがまた日本酒に合うので、日本人に生まれて良かったheart04

と思える瞬間です。

ゆうき家ではそんなお酒に合う食材、魚介類に合う日本酒を取り揃えておりますので、相乗効果で何倍にも美味しいです。

是非、お越しください。

バイク乗りの方も大歓迎です。

お待ちしておりますsign03

ゆうき家 新橋駅日比谷口店 のサービス一覧

ゆうき家 新橋駅日比谷口店
  • TEL050-3477-5476